道の駅 ふじおやま

道の駅 ふじおやま

 

道の駅「ふじおやま」に行ってきました。

 

小田原から国道246号に乗って、御殿場方面に走っていくと
正面に世界遺産・富士山が見えます。
まるで富士山から招かれているかのようです。

 

因みに、本サイトのヘッダー画像は、その246号から撮影した富士山です。
2012年2月のものですが、この日は山頂の上にまるで傘のような雲がかかっていました。
こんなシーンはめったに見られないので、この時はラッキーでした。

 

 

246号を進んでいき、
静岡県小山市に入ると、
正面に見えていた富士山は
右側に移り、
グン!と迫ってくるかのように
とても大きく見えます。

 

 

小山市は、構想ビルなどあまりなく
広がる田んぼが結構ある田園地帯と
いったところです。

 

 

そんな小山市に入って15分くらいしたでしょうか。
道の駅「ふじおやま」に到着しました。

 

道の駅「ふじおやま」は、国道246号にある唯一の道の駅なんです。

 

駐車場は結構広めですが、この日(土曜日)はトラックなどの大型車もいて
すべて埋まっていました。
しかし、ちょうど出る車があったので運よく駐車することができました。

 

 

道の駅 ふじおやま

 

 

車から降りて、物産販売店に行こうとすると広場に
ありました、ありました。 富士の湧き水がでているところが

 

「金太郎の水」と名づけられています。

 

「小山」という土地は、金太郎ゆかりの地なんですね。

 

早速、ペットボトルに水を汲んでいる人がいました。

 

 

 

 

飲んでみると、口当たりまろやかでおいしいですね。
富士山から来ている水なので、バナジウムが含まれているはずですから
カラダに良いんですよね。

 

 

物産販売店は、和風デザインの建物で、周りが田園風景なのでものすごくマッチしています。
見ているだけで安らぎを覚えます。

 

中に入ると、野菜、漬物、お惣菜、富士山や金太郎をモチーフにしたお菓子類が
所狭しと並んでいました。

 

 

 

 

レストランもあります。
富士の名水を使って地元の食材を調理したメニューをいただくことができます。

 

また、広いテラス席もあり、富士山を眺めながらバーベキューなどを楽しむことも
できるようになっています。

 

 

販売店前の広場にも
植木やドライフラワー、子供のためのヨーヨー、味噌おでんなどのお店も出ていました。

 

ちょっと小腹のすいた私は、富士宮やきそばをいただきました。

 

建物の中には、休憩所もあるので、すこし風の強かったこの日は
休憩所に入って焼きそばをいただきました。

 

 

こういう田園風景の場所で、思いっきり深呼吸すると気持ちいいですね。

 

皆さんもぜひ、出かけてみてください。

 

あっ、そのときは、ペットボトルやタンクを持っていってくださいね.
世界遺産の恵みを好きなだけ持ち帰れますから。

 

 

アクセスMAPは、こちら